寝てないよ涅槃だよ

おまじないと詩歌とメモ切れ

二枚重ねの一枚

ありがちな煙草に好きな人を重ねた詩歌 簡単にセンチメンタルになりたくて つい夜中にベランダ コーラで酔える単純な身体で 蒸すだけだった煙草が吸えるようになった 夜は広いよ 夜も簡単な感性だね 紙みたいだよ あたし

エロいね

メロンクリームソーダをよく注文するんだ やっすいさくらんぼの浮いたメロンクリームソーダ みどりいろ みどりいろはなんのいろ 乱暴な色をしている 生きることと死ぬことの どちらがどっちの色 紙ナフキンに落ちたミルクの泡が まるで みたいに 白くて なん…

ペンダントとブーケ

お兄さんがお兄さんが書いたなにかしらの 文字達を削除した すきだったの特に理由はないけどすきだったの ため息をついたお兄さんは指一本でそれを消した 削除した デリート エスケープ バックスペース 違くてやはり削除といった わたしはノートを開いてペン…

パン

美しく書き始めたの新しいノート 古ぼけた下敷き使って でも 先生はまったくチョーク触らないし うしろのだれかの寝息うるさい チャイムでリセット今日の講義 おなかすいたのトンネルくぐって

目眩

近くて見えないもの 眼鏡の縁の青色 冷えた鼻先 眉毛の上のにきび そんなもの そんなような 近くて近くて見えないもの

pull

なんていうんだろうな 朝からジュースの缶、おとして なんかあの指、引っ掛けてぷしゅってするとこ あそこが取れちゃってさ 飲めないでやんの そんでなにがあれってさ なんか面白くなっちゃって 真顔で笑って まだ冷蔵庫に入れてある どうしたらいいかわかん…

彷徨い名の先

いつかひとりの猫と暮らすことになったらけむりと名付けようと思っていた しかし‪猫はきっと 自らの名を決めているのだろうと思うと それを教えてほしくてわたしは泣くことしかできない 猫はわたしをなんと名付けているのだろう‬ 呼んでくれよ 呼んで

かおりさん

チクタク時計 郵便番号 ポストにストンと届いた君の 細いひらがな いつもの匂いの 便箋燃やして 立ちゆく煙

一点

つめきり カッターの刃の1mm はさみの二枚 交差する1mm コンタクトレンズの透明 ふやけるほど 境目のない 1mm

kitchen

コンロではなく電子レンジである 換気扇 あるいは鍵のない窓である 賞味期限 ピンク色の羊水 キッチン ママ 台所 台所はママである あるいは

筆算で解けるもののみ

千冊の詩集と寝てみたこと 4本の鉛筆が あるいは黒が 紙の上にストンと乗っていること 連絡先を書いた手帳が失くなる 猫の尻尾を踏んだような あるいは猫を 煙の舞う真上の天井にある 丸い白が機能していないこと 掛算は苦手だった

なまにく

焦ることも騒めくことも手を振ることも要は勝てないんだろう表紙を平にして晒された本のようなあの人のことはどう掻きむしっても僕には届かない 届かないなんてありふれた言葉で測るあの人と僕のセンチメートル センチメンタリズム なんちゃって 僕が言って…

さわやか三組

さわやか三組 いつもにこにこ にこにこ三組 げんきにおはよう おはよう三組 マイちゃん死んで さわやか三組 中庭に告ぐ

ネオソフト

冷蔵庫にあたまをつっこみます 箱と容器とチューブの匂い 卵の殻の匂いもします あったかいです あったかいです よっぽど 空になった紙パックの壁が聳え立っています 開け放しのあの音がまるで明日のようでした

女の子リスト

しおりちゃん 図書室の本のあの透明を切ったような子 みさきちゃん 踏まれた花壇の花に紛れた雨みたいな子 みどりちゃん お下がりの水筒の名前シールを剥がした跡のような子 さつきちゃん 朝の電車のホームの霧のような子 まどかちゃん 教卓の傍に掛けてある…

ghq

我が後悔に、一片の青春無し

ハーモニカって、意外と使わないです

と。まあそんなこんなで来たわけです 海に ええなんだか夜も早いのでまったくそんな感じではないのですけど 漣ってこれでしょうか ちがう? じゃああれでしょうか ちがう? なんだかむつかしいのですね 砂浜は黄色いのですね あ、貝殻が踵に刺さりますね 変…

ポップンミュージック

リズム リズム テロリズム リズム リズム メカニズム リズム リズム フェティシズム リズム リズム ニヒリズム

1丁目れんが通り

黄色いくるま 赤いつまさき あかるい朝は まるで別人 そんなにせかして 干したハンカチ 落とした背中に おとなのにきび

にやにや にゃんこ

どきどき せいぎ うきうき うわき るんるん るーじゅ わくわく わるいこ

リストアップ

いいにおいのすること やさしいフルーツ せっけん フランボワーズ しゃぼん ミルク フラワーブーケ おひさま 雨上がりのアスファルト ブールドネージュ ネイルカラー 洗面台で 鳴く猫

夜光性

あちら側に消えていった 閑散とした工事現場に残る 人の跡 鳴るつむじ風 祭囃子の音は瓦礫の山から 落ちた瓶詰の誰かの手紙 踊る荒地の砂埃を舐めた夜がある

凄惨とした翌る日の

白い壁 突き出た鉄骨 こんな風の強い夜に 雨も降ってないのに君は傘を差して 揺れる遠くの声に耳を澄ます 迫って来る咆哮を 悲しそうな目で見つめて 煽られた無地の傘は寂しく飛んだ 君はそこに立ってた

右ポッケののど飴

3F 出発ロビー 部屋に忘れた眼鏡を悔やむ 猫はお隣さんに託した 煙のような猫だった 水槽の掃除をしなかった 魚はもう泳いでいなかった (明け方の夜空を思い出して 昨日飛んでった下着に黙祷して)

送別会

叫んで 呟いて 流して 握りつぶして 首が締まる 瞳孔が開く 動向 オーバーフローの石鹸の泡 猫みたいな目玉に流し込んで チューリップの花弁の色褪せを君が撫でるから 夜が明けるのを思い出して 黄色いチューリップを漂白した

おとぎばなし

明日地球が終わるとする ぼくはきみのとこに バニラアイスをふたつ買って お釣りはいいですとかっこうをつけて ばかみたいに寒いなかを自転車で向かう ぜんぶが消える瞬間を 手をつないで わりとたのしかったねとアイスを食べながら 笑いあって そうして神様…

オープニングアクト

夜がこっそり幕を開けた 僕は舞台裏からそれを見てる 見てる 僕は僕の舞台の上でも主役になれない だれも居ないステージで 星だけが照明 証明 夜が終わるまで、赤幕の裏で

クラッカー

なんだかぼくらは これをしってる みっつじゃなんだか多すぎて ふたつじゃなんだかさみしくて ひとつじゃ必要にならなくて だからそのままぽつんとしてる 鳴らすとおおきい音がする 引き出しの中でひとりぼっち 使われなかったクラッカー

答え合せ

偶数と奇数のあいだのろまんすとかきましたが はたしてきみはどの数のあいだにいるのだろう 3と4なら干したてのタオル 8と9ならノートの罫線 2と5ならきっとやえばの隙間 ろまんすはきっと 真後ろにいる

特急券

偶数と奇数のあいだのろまんすを 疾るあなたがいそがしくゆく うたよみんより