寝てないよ涅槃だよ

おまじないと詩歌とメモ切れ

予定

食事を済ませた

家から歩いて17分の ギフトショップに行った

ひとつ蝋燭と メッセージカードを買った

机の上に広げて

ペンを持ってみる

驚くほどなにも書くことがない

わかっていた

それをわかってはいた僕はわかっていましたよというつもりのシーリングをカードの真ん中に垂らしている

さてだれへのつもりのカードだっただろうか

僕はそのカードを蝋燭の芯の少し後ろにざっくりと差し込んだ

今日 食事を済ませて 家を出て 17分を歩いて 蝋燭とカードを買って ペンを持って ペンを置いて カードに蝋のような赤い丸を垂らして それを蝋にざっくりと差し込んで そしていまのこと

何億年も前から決まっていたの

何億年も前から そうであったの