寝てないよ涅槃だよ

おまじない

凄惨とした翌る日の

白い壁 突き出た鉄骨

こんな風の強い夜に

雨も降ってないのに君は傘を差して

揺れる遠くの声に耳を澄ます

迫って来る咆哮を 悲しそうな目で見つめて

煽られた無地の傘は寂しく飛んだ

君はそこに立ってた