読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝てないよ涅槃だよ

おまじないと詩歌とメモ切れ

餞別

君に唄を書いた 誰も知らない 誰も知らない唄を

きっとみんな知らない

机の上に書き置いた一枚の便箋に

一行の詩と

三行の懺悔と

たった四文字のまぎれもない言葉を

君のために残したことを

忘れて仕舞えばいい そのまま忘れて仕舞えばいい

君も知らない きっと知らないままだ

.

ある朝に 机の引き出しの奥から

くしゃくしゃになってしまった宛名のない封筒が

きっとおはよと咲くだろう

その頃にはもう 親指の火傷も 忘れたように綺麗なままに