寝てないよ涅槃だよ

おまじないと詩歌とメモ切れ

毎日同じものが食べたい

 

 

充電コードで首を吊った 

ほんのりと沸騰した水の垢 

ピアノが弾けないまま大人になってしまった

薔薇の花で顔を覆うテンプレート

昨日は三回つまづいたから

朝の雲に溶けてった僕の猫を煙草と一緒に吸い込んだ 

あなたの約束を許さなかった

学校にはちゃんと行っているかい

明日もきっと寒いよ

 

 

 

 

珈琲館

 

ちいさいモールのちいさい喫茶店にいるちいさい貴方を見た 髪はボサボサ目は虚ろで赤い爪はガサガサに剥げていた なんという醜さだ 所詮は全て人間なのだ 私は貴方を白い花の刺さった鞄で叩きつけた 飛び散る 飛び散った ごろんと転がる貴方じゃなくなったそれを左脚で奥へ追いやりその椅子に神様みたいに座った 緑色の液体のその中の透明な氷は 凍った緑に塗れて汚くなっている 小さく笑う小さな頭に何があってラムネ瓶はコロンと反射するのだ 神様は私を見ちゃいないが、そうして誰のことも見ちゃいない いいじゃないか 美しいじゃないか 緑と赤は生と死で、青い透明がその真ん中だ そう言った昔の貴方は元気にしていますか 煙と痰を吐き出した 小さな椅子がカタカタと笑っている 

 

 

 

November

 

ノーベンバーノーベンバー ドアを叩き割る音

ノーベンバーノーベンバー 11番目の色を爪に塗る

火星に行ったぼくの犬 

湿気た花火の火花

滞りなく停滞をノックする ラムネ瓶を持って笑う小さな君の頭 全てを幸せのどん底に 

ノーベンバーノーベンバー 愛していたよ

 

 

 

鷹の爪って、お米にいれるやつだっけ

 

 

爪に色を塗る 理由を教えてと彼女が言う その目がなんだか冴えて どこかなにかを探しているみたいだったから 何も言わずに伸びた白をバチンと切ってやった 粉々になった 粉々になったよ 毎日同じ日 昨日も明後日も だからなにも思い浮かばないんだろ 小さな瓶から とぷんとした筆を取ること 生臭いピンクと白が 黒く青くなっていくのを シンナーみたいな匂いが消えることを待つのを でも君は なにも知らなくてもいい