寝てないよ涅槃だよ

おまじないと詩歌とメモ切れ

税込1300円

 

 

 

午後6時を灰混じりの紺が飲む
しゃんとするのが疲れて バスの一番前にきたないわたしを晒している
空をみている 覚えていない夜の境目

 

唇の端にたまった赤 昨日買ったリップは似合わないから捨てたよ

 

ベビーカーに乗りたい
赤ちゃんのままのわたしがどこかにいる

 

つらいことがしたくなくて生きてる
このバスどこに向かってるんだろう

 

 

 

 

ラジオブルー

 

 

 

ポツリ、 ポツリ

あちらの空が薄く橙色をし始める

飛行機だろうか 衛生 星 宇宙船

濡れたアスファルト 呼応

 

点滅していた電球が切れていたこと

星の見えない夜は涼しい

呼ぶ3時

地平線 電線 煙に巻く止まれの標識

エンジン音は無呼吸、夜の死

明け方の、街が息を返す瞬間

 

欲情する汗ばむシャンプーのにおい

 

天国でも、地獄でもない 海を

渡るラジオブルー

 

なにも起きなかった今日を、わたしはまだ殺したくないらしい

 

 

 

 

 

エイリアン

 

 

本を読むこと 音楽 文字を書くこと バイト 学ぶこと 食すこと

 

なんだったろうか 猫の声を聞け 冷蔵庫の卵を数えるにはまだ早い

 

18:47 イヤホンを失くして久しぶりに使うヘッドホンと英語学習の身に入らなさ身に染みる もうすぐ雨が降る

 

「私たちはエイリアン」名付けられた未確認物体 さあ定義して提唱して定款して 

平和を願うならばすべてに死を望もうか 青い表紙のノートが泣いている

 

空いた缶詰の中に残るものは何だったろうか

愛と呼ぶにはまだ早い 多分早い

 

焼けた夏の肌にはなにが埋められているだろうか

気づけば消える きっと消えていく

 

電波をなぞれ 座標軸は目前である