寝てないよ涅槃だよ

おまじない

涼しいのがお好き

 

 

冷蔵庫の二段目

首を折り曲げて

頭を突っ込んだ

動かない貴女を

途切れた記憶で

明日もちょっと

待っている僕が

居たりなどする

 

 

牛乳屋さん

 

 

「なくしたものって、どこに行ってるんだろう」

 

目の前を茶色い猫が通り過ぎる

指紋のついた眼鏡

煩わしいのは視界だけではなかった

 

「眼鏡に雨がつかないようにしてほしい」

 

すっかり曇った空はまっしろに牛乳みたいにぺかぺかしていたけど、明日も明後日も天気は悪いみたいで 

夏だというのに長袖ばかり着ている

太陽が、怖い

 

「白い服が好きなんだ でもすぐ汚れる 良いものは白が買えない あんなに綺麗なのに」

 

電車の窓から空を眺めると、たくさんのビルの谷間から大きな羽が生える

うさぎが泳ぐ 

街に切り取られた背景が牛乳瓶みたいに

しゅるしゅると 自分が小さく小さくなるような気がした

 

部屋に飾った、水の入った硝子を思い出した

目がちかちかする 

自転車の前かごに棺桶を詰め込んで、今日は歌って帰ろうと思う

 

 

 

白い紫陽花が部屋に咲いた

 

 

すきま風

薄ら白い昼間の雲と煙が溶ける

融解、誘拐、幽界の断片

白いつば付き帽子の影をするりと抜ける

透ける

破れた毛布の中身をぐちゃぐちゃに

騒ぎ喚いても

 

 

hole all

 

 

パッパラパ

 

西瓜があまりにも軽々しいので割ってみるとそこは空洞でした

 

無い身 椎の木

待てば思惟

 

朱色

 

底に残った虫と種子

残念だ

 

 

 

踏み荒らした花を母が綺麗ねと言って落ちる午下りの夏

 

 

 

絶え間ない他殺

絶え間ない他殺


痰を吐き切って

刮げ落ちた頬に手を寄せる


破壊された花壇

破壊された花壇

 


真空パック

 


躑躅に口を

蟻 、蟻 、蟻 

這わす陶器の皮膚

 

花壇は焼かれ焦げた

煤を掻き集めて 

白い君の喉へ

 

 

水辺に帰依していく深層

 

荒れる水流の中のようで

人魚にでもなれたら息が通るのかもしれないなんて

人魚姫じゃなくていいからさ

 

水族館 

水族館に行きたいな

 

海で生きているのに

小さすぎる水槽に閉じ込めているのを

なんでだろうと思ったこと

それでも私は金槌だから

泳ぐ魚を暗い部屋の中でぼんやり眺めていられること

青と黒と透明に纏えること

 

派手に飾り付けた水槽が嫌いでさ

一気に見世物になるから

見世物小屋は好きなのにね

 

矛と盾

 

昔、デートに使ってごめんね

今度ちゃんとひとりで行くね

 

見世物にしてくれよその真暗に透き通った

瞼のない目でさ

 

 

 

 

 

「私がいなくってかなしくなっちゃえばいいんだよ」「ひとりで喫茶店」「青いクリーム」「汚くなる灰皿」「今日は帰らないから、ごはんはひとりで食べてね」「眠るのも」「朝も」「これからも」「ね」